ご祝儀袋の表書き・中袋の正しい書き方とは?選び方や包み方も解説

出産や結婚祝いなどでご祝儀袋を用意しなければならない状況になると、迷うのが書き方です。

今まで何回とご祝儀袋を用意することがあった人も、正しい書き方を忘れてしまうという人も多いのではないでしょうか?

間違った書き方で恥ずかしい思いをすることのないように、書き方のポイントを復習していきましょう。

今回はご祝儀袋の購入から持参するところまでの一連の流れを解説していきます。

ご祝儀袋の選び方のポイント

ご祝儀袋を選ぶ際には下記3つのポイントに注意しましょう。

●水引の結び

結婚祝いとして2〜3万円を包み持参する場合は、ほどけにくい結び方である「結びきり」や「あわじ結び」が良いでしょう。一度きりという願いがこめられています。

出産祝いの場合は何度あっても良いことなので「蝶結び」を選びましょう。

●包む金額

ご祝儀袋は金額に合わせて選びましょう。豪華にアレンジされたあわじ結びや輪結びの水引が施されたご祝儀袋は、5万円以上の高額な金額を包むためのものです。デザインだけで選ぶのはおすすめしません。

●贈る相手との関係性

最近はカラフルで可愛いご祝儀袋も多くありますが、親しい友人関係を除いては白のご祝儀袋が望ましいでしょう。特に上司や目上の人に対しては、どんなに気の置けない関係性でもカジュアルなご祝儀袋は避けるべきです。

100均のご祝儀袋は失礼?

100均のご祝儀袋でも基本マナーを怠らなければ失礼ではありません。先に解説したご祝儀袋の選び方と、これから解説する正しい書き方のポイントを押さえておけば、100均のご祝儀袋も使用可能です。

ご祝儀袋【表書きの書き方】

ご祝儀袋の表書き(外の包み)には2箇所記入が必要です。書き方のポイントを詳しく解説します。

名目

表書き上部には名目を記入します。水引よりも上の部分です。

名目は短冊に印刷されていることが多いですが、書かれていない場合は「御祝」「御結婚御祝」「寿」と記入するのが一般的です。

結婚式当日に渡す場合は「寿」もしくは「壽」を選びましょう。

結婚御祝など4文字は縁起が悪いとされているので控えるのが無難です。

贈り主の氏名

【個人】

表書き下部には贈り主の氏名を記入します。名目より少し小さく書くのがポイントです。

氏名はフルネームで記入しましょう。

【家族】

夫婦や家族の連名で渡す場合で同性の場合は代表者の氏名のみフルネームで記入し、残りの人は名前のみ左側に記入します。

4人以上の連名になる場合は代表者のみフルネームで記入し「他家族一同」と小さめの文字で添えます。

【家族以外の連名】

会社の同僚2名以上で渡す場合、右側に目上の人の名前を記入し、左に続けて書きます。4名以上の場合は「他一同」と添えておきましょう。

部署からまとめて御祝を出す場合は「○○部一同」と部署名などを記入します。

尚、連名で出す場合は別紙に全員分の住所と名前を書き、中袋に入れます。この場合も表書きと同様に、目上の人や年齢が高い人が一番右に来るように書き、左側へと続けて書きます。

ご祝儀袋【中袋(中包み)の書き方】

ご祝儀袋の中に入れる袋(包み)のことを中袋もしくは中包みといいます。

封筒タイプのものを中袋、お札を包み折りたたむタイプのものを中包みで、どちらも正式なお祝いとして使用可能です。

お金は必ず中袋もしくは中包みに入れてからご祝儀袋に入れるのがマナーです。中袋がない場合は奉書紙または、和紙を半紙サイズ(約35cm×25cm)にカットしたものを使用しましょう。ない場合はコピー用紙でも良いとされています。

【中袋(表面)】

表面の真ん中に包む金額を楷書体で記入します。書き方は「金〇萬円」で、数字は漢数字で旧字体を使用します。

旧字体新字体

【中袋(裏面)】

裏面の左下部分に住所と名前を記入します。中包みの場合は折り込んだ先部分が右側に来る状態で、左下に記入しましょう。

お札の入れ方・包み方

中袋にお金を入れる際は、肖像画(お札の顔)が中袋の表、上になるように入れます。取り出すときに肖像画が先に出てくる状態です。

中包みを使用する場合は奉書紙または半紙を裏を上にして、その上にお札を肖像画が上の状態で置きます。

お札のサイズに合わせて下側→左側→右側の順で折り畳みます。最後に上の部分を折り、余った部分は下に折り込みます。

肖像画の顔は正面上側にある状態で、折り返し部分の空きが左上、もしくは左上下にあるかを確認しましょう。下のみが空いているのは弔事用のため失礼にあたります。

ご祝儀袋をもっていくときに袱紗(ふくさ)は必要?

ご祝儀袋は持参する場合、ふくさに包んで持って行くのがマナーです。

袱紗(ふくさ)とは、ご祝儀やご香典を包む布のことを指します。

日本ではご祝儀やご香典に限らず、贈り物を用意したときから丁寧に扱うという心遣いや習わしがあります。

お中元やお歳暮を風呂敷で包んで持って行くのと同じ所以です。

つまり汚さずに綺麗な状態で手渡すのが目的のため、ふくさがない場合はハンカチやスカーフなどで代用しても構わないとされています。

ご祝儀袋をそのままバッグなどに入れるのは失礼にあたるため、ふくさで包んで持って行くようにしましょう。

ご祝儀袋は毛筆か筆ペンで書くのが基本!苦手な人はサインペンやゴム印の活用がおすすめ

ご祝儀袋の表書きは毛筆か筆ペンで書くのが基本とされています。ただ筆に慣れていない場合、書き方が難しいと感じる方もいるでしょう。

筆書きが苦手な人は、黒のサインペンやゴム印の活用がおすすめです。中袋への記入も筆ペンが推奨されていますが、書きにくい場合は黒のサインペンでも構いません。

筆書きが苦手な人へのおすすめ商品はこちら↓

1つで8通り!ご祝儀袋の名目記入におすすめの「ニューダイヤL」

Amazon.co.jp: サンビー スタンプ 回転ゴム印 ニューダイヤL GF-33 No.1 : 文房具・オフィス用品

中袋への旧字体の書き方にも悩む必要なし!簡単・綺麗に金額表示できるスタンプ「のし美字印」

Amazon.co.jp: サンビー ジョイント式エンドレススタンプ のし美字印 EN-NS01 : 文房具・オフィス用品

尚、表書きへのボールペンや万年筆の使用はマナー違反になるため、おすすめしません。

サンビーのオリジナルスタンプ工房ならオーダーメイドで筆ペン風のゴム印作成も可能

サンビーではスタンプのオーダーメイドが可能です。

いつも書いている自分の名前も筆ペンだと書き方が変になる、綺麗に書けないという人もいるでしょう。

行書体という書体を選べば、筆ペン風の名前スタンプが作製できます。

ご依頼受付から製造、出荷まで自社工場で行っているため、最短10日程度で手元へお届けします。※休日除く。商品やご希望内容によって異なる

ご祝儀袋への筆書きにいつも憂鬱になってしまう人は是非ご相談ください。
お問い合わせ|オリジナルスタンプ工房

【まとめ】ご祝儀袋の書き方は難しくない!筆ペンが苦手な人はスタンプの活用がおすすめ

ご祝儀袋の書き方にはルールがあり、間違ってしまうとマナー違反で恥ずかしい思いをすることにもなりかねません。またせっかくのおめでたいシーンに水を差すことにも。

そのためにもご祝儀袋の正しい書き方をするのが大切になります。

ご祝儀袋への記入は筆ペンとされていますが、濃い黒色で太くしっかりした文字というのがマナーのポイントです。手書きが必須というわけではありません。

筆書きに自信がない人はスタンプを活用してみてはいかがでしょうか?